北関東圏(栃木、群馬、茨城、埼玉)の製造業の保全担当者向け

平日9:00-17:00(土日祝除く)

0283-22-3166

選ばれる理由

  • POINT 1

    昭和3年から約90年間、
    年間約300台のメンテナンス実績

    昭和電機では昭和3年から現在に至るまで約90年間、地域密着型で数多くの製造業の企業様とお取引をしてまいりました。その中で、工場の新設・改修・メンテナンスの際には、モーター工事に関する提案・施工を数多く手掛けてまいりました。 現在では、年間約300台(内訳:産業機器約120台、鉄道関係約180台)のモーターメンテナンスを提案・施工させていただいております。 長年の実績、その過程で積み上げてきた独自のノウハウから工場が抱える課題に対し、ヒアリングを行い、根本的な原因の発見、施工・メンテナンスを行います。

  • POINT 2

    短納期・低コスト・メーカー問わず、
    特殊モーター・出張メンテナンスも対応可能

    「故障したときに早く来てほしい!」「費用が高いのはちょっと…」「海外メーカーのモーターも対応してもらえるの?」「特殊モーターでメンテナンス業者がいない」「現場でメンテナンスしてほしい!」などのお悩みをお持ちの工場担当者様からのお問い合わせは後を絶ちません。昭和電機では、各メーカー様より短納期・低コストで対応いたします。 日本メーカーの製品だけでなく、海外メーカーの製品も部品調達からワンストップで対応可能のため、モーターのお困りごとは全て解決いたします。その他特殊モーターのメンテナンスも対応していますし、出張メンテナンスも行なっておりますので、どのようなモーターでもまずは昭和電機にご相談ください

  • POINT 3

    原因調査から修理・メンテナンスまで
    ワンストップで対応

    昭和電機では、故障原因の特定、部品の取り寄せ、修理・メンテナンスまでワンストップで担当しております。一貫して対応するため、迅速な対応が可能なことも緊急時にお問い合わせをいただく理由です。 万が一、修理・メンテナンス後に再度トラブルが起きても、アフターフォロー・定期メンテナンスにて解決いたします。また、故障時の対応だけでなく、設備の取り付け・整備・取り外し・点検・設備導入相談も対応しております。

  • POINT 4

    最新技術を活用した予知保全IoTで
    トラブルの未然防止をご提案

    昭和電機では、最新のIoT技術を活用した、予防保全のご提案もしております。壊れてから、トラブルが発生してからの保全ではなく、また、計画的な保全でもなく、予知保全をご提案しております。モータの電流値、モータの加速度、モータの振動、モータの温度等をセンシングし、モータの状態を常時チェックすることで、トラブルの“予知”を把握し、事前の保全につなげております。特に最近は製造現場の保全担当者も人手不足でしたり、IoT技術も進歩してきてことから、ご相談いただくケースが増えてまいりました。お客様のモータの現状をヒアリングさせていただき、予知保全IoTも視野に含めたご提案をいたします。

  • POINT 5

    超高効率モーター・トップランナー・インバーター化などの省エネをご提案

    既存のモーターが老朽化している場合や更新時の場合は、超高効率モーター、トップランナーモーターなど、最新モーターへの更新をご提案しております。さらに、省エネ補助金を活用しての更新も承っており、省エネ補助金申請時の書類作成も代行いたします。 また、現状のモーターを省エネしたい場合は、インバーター化も対応しており、現状のモーターの状態に合わせた省エネをご提案させていただきます。

よくいただくご質問

特殊モーターの修理は可能ですか?
可能です。 防爆・防水・防油・耐食性・高温・低温・海外製など、あらゆる特殊モーターの修理メンテナンスに対応しております。
モーターの洗浄はできますか?
可能です。 洗浄後は定期的なメンテナンスをおすすめいたします。
出張メンテナンスは可能ですか?
可能です。 出張にて現場でのメンテナンスも対応させていただいております。
現場調査・見積に費用はかかりませんか?
お見積りはすべて無料です。 お気軽にお問い合わせください。
一度に数十台の、数百台のメンテナンスは可能ですか?
可能です。 弊社は、年間300台を越えるモーターメンテナンスを行なっており、それに対応する大きさの自社工場をもちます。
通常、モーターの耐用年数は何年ですか?
モーターの寿命は平均15~20年と言われておりますが、定期メンテナンスを怠ると寿命が短くなってしまいます。 しかし、定期メンテナンスをすることで平均寿命よりも延命化を図ることが可能です。 昭和電機では、定期メンテナンスによる延命化を推奨しております。
通常、モーターのメンテナンスは何年で行なった方がいいですか?
現場の設備状況、モーターにより、異なりますが、半年~数か年ごとの定期メンテナンスを推奨しております。 現場状況を確認し、適切な定期メンテナンス期間を提案させていただきます。
モーターの交換の目安となる症状を教えてください。
回転が遅い、電力消費量が過剰、異常に振動している、モーターが発熱している、異音がする、これらの症状の場合、まずは点検、メンテナンスを行いますが、それでも対応が難しい場合に交換を推奨しております。
累計何件ぐらいの実績がありますか?
昭和電機では東武鉄道様のモーターを中心に昭和3年から現在に至るまで約90年間の間、年間約300台のメンテナンス実績があります。
HACCP対応の食品工場の実績はありますか?
はい、あります。

お電話でのお問い合わせはこちら

0283-22-3166

平日 9:00-17:00(土日祝除く)