北関東圏(栃木、群馬、茨城、埼玉)の製造業の保全担当者向け

平日9:00-17:00(土日祝除く)

0283-22-3166

事例紹介

海外製ユーラスモーターの修理

お客様の海外製モーターが、運転中にブレーカーが落ちてしまうとのことでした。
海外製でも対応可能である旨を伝えたところ、ご依頼頂きました。
修理の結果、モーター不具合を解決し、延命することができました。

お問い合わせの背景

埼玉県熊谷市のコンクリート工場のお客様からご依頼頂きました。
海外製モーターも対応可能であることを提案したところ、故障品があったのでお問い合わせ頂きました。
対象のモーターはユーラスモーターと呼ばれるもので、コンクリートの粉を振るい落とすために振動するため、絶縁不良が起きやすい状況でした。

施工前の写真

お困りごと

運転中にブレーカーが落ちて停止する不具合があるとご相談頂きました。
お客様の方で絶縁測定したところ、0MΩで不良となっていました。
そこで、外国製モーターが対応可能ならば、調査・修理をお願いしたいとのことでした。

施工中の写真

効果

分解調査を実施しました。
その結果、モーターからブレーカーに繋がる電線の被覆が破れ、設備のアース部分に触れて絶縁不良が発生していました。
また、ベアリングも交換できていなかったため、電線の交換だけでなくベアリング交換も含めて提案しました。
分解整備、ベアリング交換を実施し、モーターの延命処置を行いました。

施工後の写真

今後の展望

今後に向けて、定期的なメンテナンスをご提案しました。
また、不具合が発生した際に対応できることを伝えました。

導入事例をもっと詳しく知りたい方へ

お電話でのお問い合わせはこちら

0283-22-3166

平日 9:00-17:00(土日祝除く)