北関東圏(栃木、群馬、茨城、埼玉)の製造業の保全担当者向け

平日9:00-17:00(土日祝除く)

0283-22-3166

コラム - よくあるトラブル

モーターの振動別のトラブル対策方法を徹底解説!

今回は、モーターの振動の種類やメカニズム、振動によるトラブル対策方法を徹底解説いたします!
工場内のモーターの振動に関するトラブルでお悩みの方は、ぜひご覧ください!

1.モーターの振動の種類

モーターの振動には、3種類の単振動があり、振幅・周波数・位相の3つの要素の合成波から成り立っています。
1)振幅  :振動の大きさ
2)周波数 :1秒間に何周期の振動があるのか
3)位相  :振動している箇所が他の箇所に対して、どのような位置関係にあるのか

 

また、振動を測定するパラメータは3種類あり、

変位 :回転機械の軸振れ
(ゆっくりとした動きで目視にて確認できる)
速度 :回転機械の振動
(目視では確認できないが、触れると振動していることが確認できる)
加速度:軸受の損傷による振動歯車の損傷による振動
(触れても確認できないが、異音として確認できる)
を測定します。

 

それぞれの振動パラメータを計測することによりわかる異常の種類はそれぞれ、

振動パラメータ異常の種類
変位変位量または動きの大きさそのものが問題となる異常
速度動きの大きさと、その繰り返し回数(疲労度)が問題となる異常
加速度衝動力などの力の大きさが問題となる異常

となっています。

上記のように、振動を測定することにより、様々な異常を検知することができるのです。

では、モーターの振動はどのように測定すればよいのでしょうか。

振動を測定する場合には、負荷側・反負荷側の「軸方向・垂直方向・水平方向」を測定します。
組立・据え付け不良によるアンバランスやガタつきなどによる「低周波振動」にそれぞれ特有の方向があるためです。

各方向の振動の測定方向と、検知することができる異常は以下の通りです。

方向振動の測定方向異常の種類
軸方向モーターの出力軸と同方向軸受・歯車等の疲労・劣化
垂直方向ベアリングの上部基礎ボルトのゆるみ等によるガタつき
水平方向垂直方向から90度の方向アンバランスの有無

 

 

2.トラブル別解決方法

モーターの振動に関するトラブルには、主に以下のようなものがあります。
・据え付け・直結・ベルト掛けの不具合
・プーリ等のはめあいの不良
・負荷の不釣り合い
・ベアリング状態不良

据え付けの不具合の解消には、取り付け台の見直し、取り付けボルトの見直しが必要です。
直結・ベルト掛けの不具合解消には、モーターの芯の再調整をします。

プーリ等のはめあいの不良がある場合、プーリの更新、出力軸の摩耗状態・Vベルトの劣化状態の確認などの対応をします。

負荷の不釣り合いがある場合、電圧・電流の確認をします。

ベアリング状態が良くない場合、異音確認、振動測定、温度測定などを行ないます。

モーターの異音の原因と対策とは?詳しくはこちらのコラムをご覧ください!

モーターの異音の原因と対策とは?徹底解説!

3.モーターの振動に関するお悩みは昭和電機までお任せください

いかがでしたでしょうか。
モーターの様々な振動を計測することにより、モーターのトラブルを検知することができます。

昭和電機では、モーターの振動速度や加速度、温度などを常時監視し、
振動に関するモーターの故障などのトラブルを未然に防ぐ「予知保全IoT」をご提案しております。

小さなセンサーを対象モーターに後付けで取り付け、iPhoneなどの端末でBluetooth接続し、データを収集。
モーターの振動状態に異常があれば、モニタリングデータから故障を早期発見することができます。

昭和電機が提供するモーターの予知保全IoTの内容について、詳しくはこちらをご覧ください!

予知保全IoTのご提案

お電話でのお問い合わせはこちら

0283-22-3166

平日 9:00-17:00(土日祝除く)