北関東圏(栃木、群馬、茨城、埼玉)の製造業の保全担当者向け

平日9:00-17:00(土日祝除く)

0283-22-3166

事例紹介

定期メンテナンスで生産ラインの停止を解消

押出機モーターのベアリング不具合による生産ラインの停止が頻繁に起きていました。
主なメンテナンス内容はベアリングの交換、コイルの捲替、その他部品の確認・交換でした。
全台のメンテナンスを実施したため、その後は各モーターを5年に1度定期メンテナンスすることで、生産ラインの停止がなくなりました。

お問い合わせの背景

栃木県下都賀郡壬生町・プラスチック原料製造業のお客様です。
こちらのお客様はホームページからのお問い合わせでした。産業用モーターページのお困りごと別メンテナンス方法を閲覧いただき、症状別に詳しいメンテナンス方法が記載されていたことが信頼につながり、お問い合わせいただきました。「お困りごとそれぞれに対して、メンテナンス方法が書いてあって分かりやすい」と好評のご意見もいただきました。

お困りごと

お問い合わせ内容は押出機モーターのベアリング不具合による生産ラインの停止が頻繁に起きているということでした。
工場内にモーターは全20台設置してあり、「モーター故障→生産ライン停止→メンテナンス」の対応が繰り返し頻繁に発生している状態でした。昭和電機も始めは、モーター故障時に対応といった形を取っていたのですが、あまりにも非効率的だったため、一度全台のメンテナンスをし、その後定期的にメンテナンスをする提案をしました。

効果

お客様に提案の了承をいただき、工場内全20台のモーターをメンテナンスしました。
主なメンテナンス内容はベアリングの交換、コイルの捲替、その他部品の確認・交換でした。
全台のメンテナンスを実施したため、その後は各モーターを5年に1度定期メンテナンスすることで、生産ラインの停止がなくなりました。
定期メンテナンスで生産ラインの停止はなくなったものの、お客様はコスト面について懸念されていました。
昭和電機の定期メンテナンスは故障時に対応するより安く済むため、その旨を説明し、納得いただきました。
具体的に、モーター故障時のメンテナンス費用は200~300万円、5年に1度の定期メンテナンス費用は60~90万円です。さらに故障時の対応は生産ラインの停止も余儀なくされるため、実質の費用はもっとかかりますといった内容です。
実際に生産ラインの停止にお悩みのお客様だったため、定期メンテナンスの重要性についてはご理解いただき、定期メンテナンスをご依頼いただいております。

今後の展望

お客様に定期メンテナンスの重要性をご理解いただいたことで、今後も定期メンテナンスにより、お客様の設備の安定稼働に貢献していきたいと思います。

導入事例をもっと詳しく知りたい方へ

お電話でのお問い合わせはこちら

0283-22-3166

平日 9:00-17:00(土日祝除く)